MENU

『健康な赤ちゃんが産まれてくること』それは『奇跡』

 

 

ここ数年で不妊治療や高齢出産という言葉をよく耳にするようになりました。
実際、不妊治療クリニックに通う方の平均年齢は35歳を超えています。

 

不妊治療が一般的になってきたとはいえ、

 

本当に妊娠できるのか?
治療はどれほど高額なのか?
そして何より、産まれてくる子供は健康なのだろうか?

 

と産まれてきてからの不安やストレスを抱えている女性も多いです。

 

僕が実際に不妊治療の現場にいて思うことは、
『健康な子供が一人この世界に誕生すること…それは本当に奇跡だ』
ということです。

 

挙児を望んで夫婦生活を営むと健康な子供が産まれるということは、多くの方が当たり前だと認識しているのではないでしょうか。

 

しかし、それは決して当たり前ではなく、「本当に奇跡的だ!」と胚培養士という仕事の中で日々生命の素晴らしさに感動しています。

 

 

 

 

先天性異常のリスクってどのくらい?

 

不安な女性

 

『高齢出産だけど、元気な子供は産まれてくるの?』
『体外受精によって産まれてくる赤ちゃんは本当に健康に影響はないの?』

 

と不安になる方は多いです。

 

実際に先天性異常の確率はどのくらいなのでしょうか?

 

例えば、21番目の染色体異常によって起こる「ダウン症」ですが、日本では新生児約1000人に1人の割合で産まれてくるという報告がされています。

 

このダウン症の発生頻度は母親の年齢に比例しており、年齢が高ければ高いほど、発生頻度も高くなると言われています。

 

20歳では1500人に1人の割合ですが、40歳では100人に1人の割合になってしまいます。

 

また、ダウン症以外にも神経管欠損症と呼ばれる二分脊椎無脳症水頭症などの先天性異常を抱えて産まれてくる赤ちゃんは20歳では525人に1人の割合ですが、40歳では65人に1人の割合となっています。

 

 

この数字を見ると意外に多い確率であることに驚きますよね。
上記数字から高齢で妊娠・出産になるとリスクが大きくなることがわかります。

 

しかし、高齢出産だとしても何も問題のない健康な子供が産まれてくるということも多く報告されています。

 

なので、一概に高齢出産だからよくないということはありません。

 

 

 

 

知っていますか!?
卵子の数は限られていて、更に老化していく!!

 

医療技術が進んだ現代では、高齢者でも出産できる、不妊治療を受ければ子供はできるといった情報が溢れていますが、それは本当に少数のうまくいった症例に過ぎません。

 

知っていて欲しいことは、
女性が持っている卵子というのは産まれてきた時点で数が決まっている
ということです。

 

だいたい産まれるときには約200万個の卵子を持っています。

 

これが産まれてから月経が始まる頃までに約170万個くらいが自然消滅してしまっています。
そして、20歳になる頃には約20~30万個まで減少してしまっています。

 

その後も、1回の月経周期あたり約1000個1日あたり30個~40個が減少していることがわかっています。

 

また、卵子は自身の年齢と同じ速度で老化しています。

 

年齢を重ねるごとに卵子が卵子としての機能を失い、染色体異常をもつ卵子になってしまったり、受精卵になったとしても育たなかったり、着床しなかったり、着床しても流産してしまうということに繋がります。

 

 

流産と聞くと、ただ単に悪いイメージですが、染色体異常だからこそ流産すると考えると、産まれてくる前に自然淘汰されているんですね。

 

ですから、基本的には健康な子供が産まれてくるような生命の仕組みにはなっているんです。

 

だからと言って毎回自然淘汰されていては赤ちゃんをいつまで経っても抱くことはできませんし、せっかく産まれてくる赤ちゃんには健康で産まれて来て欲しいですよね。

 

 

『どうやったら胎児への悪影響のリスクを減らせるの?』
ということで今回は世間でも注目されている『葉酸』に着目してみました。

 

 

 

 

葉酸って何?どんな効果があるの?

 

疑問をもつ女性

 

葉酸は、妊娠中の女性にとって最も重要な栄養素であると言われていますね。
最近では雑誌でもよく取り上げられているので聞いたことがある方も多いかと思います。

 

でも実際に、

 

『葉酸がいいと言われる本当の理由を知っていますか?』
『どうして葉酸は健康な胎児の成長に不可欠なの?』

 

と聞かれると大抵の方は知らないと答えるのが現状だと思います。

 

今回は『胎児の成長に重要な役割を果たしている葉酸』についてご紹介したいと思います。

 

葉酸は「水溶性ビタミンで水に良く溶けるため、体内に蓄積されることがほとんどありません
そして葉酸は体内で作成されることはありません

 

 

 

 

葉酸の役割

 

① DNA(核酸)の合成

細胞の遺伝情報の元であるDNA合成に働く補酵素です。
細胞の分裂や成長の段階で重要な役割を果たしています。

 

 

② 赤血球をつくる

葉酸は別名「造血ビタミンと呼ばれるほど、造血作用において重要な役割を果たしています。
葉酸が不足すると成熟した赤血球が作れません。

 

 

③ 胃腸粘膜を保護する作用

粘膜は新陳代謝が活発な部分なので、細胞の成長に必要な葉酸は欠かせません。

 

 

④ リン脂質の生成により神経細胞を補修

リン脂質は神経細胞が正常に機能するために必要不可欠です。しかし、活性化酸の影響で破壊されたりするため、リン脂質を生成する葉酸は神経細胞が正常に機能するためにも欠かせません

 

 

⑤ 必須アミノ酸のメチオニンの再合成によるホモシステインの減少作用

葉酸は必須アミノ酸であるメチオニンがホモシステインを経て再合成される過程に必要です。

 

葉酸がないとホモシステインがメチオニンに再合成できないので、ホモシステインが血液中に蓄積します。すると、動脈硬化を引き起こしたり、脳卒中や心筋梗塞を招く危険因子となります。

 

 

 

まとめ

 

葉酸にはたくさんの働きがあることがわかりますが、大きく簡単にまとめると、

細胞を新しく作ったり、成熟させるためには葉酸が必要である

ということがわかると思います。

 

そこで、「細胞分裂が一番活発な時期はいつかな?」と考えて頂くと、「胎児期」は新しい細胞を作ったり、細胞分裂したり、細胞を成熟させたりと人間ができていく過程で最も重要な時期だということがわかります。

 

小さな受精卵が約10ヶ月で2500g前後の大きさの赤ちゃんに成長し、お母さんのお腹の中からでてくるわけですから、某大なDNAの合成と細胞分裂が必要なことが想像つきますよね。

 

ですから、胎児の正常な発育のために胎児期は最も葉酸が必要な時期だということです。

 

そして、胎児期に葉酸の効果が得られないということは、染色体異常や発育に影響したり、脳神経に異常が起こったりするリスクに大きく関係してくるということです。

 

特に、胎児の脳神経障害は妊娠1ヶ月以内に起こると言われていますので、妊娠する可能性がある場合、また乳幼児の成長にも葉酸は必要となってくるため、妊娠前から妊娠後も授乳期までは葉酸をしっかり摂取して欲しいです。

 

また、胎児にかかわらず、ご自身の健康のためにも普段から葉酸を摂取することは大切です。

 

 

 

 

葉酸はどうやったら効果的に摂取できるの?

 

葉酸はほうれん草やアスパラガスなどの食事からでももちろん摂れますが、熱に弱く調理などで効果が失われやすい性質を持っているのでなかなか食事だけで必要量を摂取することは難しくなります

 

そこで、葉酸を効果的に摂取するにはサプリメントが効果的であると言えます。

 

サプリメントであれば、葉酸以外にも鉄分やビタミン、ミネラルが一緒に入っていて必要な栄養素を一緒にバランスよく摂れますので一石二鳥ですよね。

 

 

 

 

「胚培養士」が推奨する本当に効果がある葉酸サプリ

 

POINT①
厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合しています。

POINT②
厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型」の葉酸を使用しています。

POINT③
危険性のある添加物は一切使われていません。

POINT④
GMPに準拠した工場で製造されており、GMP認定工場の中でも一段と厳しい基準をクリアしています。

POINT⑤
葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12やビタミンCが含有されています。

「国産・天然由来」の葉酸サプリメントです。
価格は少し高めですが、妊娠前から妊娠後期に渡って対応できる万能のサプリメントです。

オススメ度 評価5

POINT①
100人以上の女性の声から生まれたサプリメントというだけあって、「飲みやすさ」は抜群です。

POINT②
厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合しています。

POINT③
厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型」の葉酸を使用しています。

POINT④
GMPに準拠した工場で製造されています。
更に、第三者機関へ検査を依頼しています。

POINT⑤
葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12やビタミンCが含有されています。

1969年の創業当時から健康食品を販売している老舗で、工場の紹介動画があるほどなので信頼性と安全性は問題ないです。
また、女性の声を実際に反映させたということで、価格も手頃で「飲みやすさ」は好評です。

オススメ度 評価5

POINT①
ピニトールやアイスプラントなど他の葉酸サプリにはない栄養素を配合しています。

POINT②
厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合しています。

POINT③
厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型」の葉酸を使用しています。

POINT④
GMPに準拠した工場で製造されています。

POINT⑤
葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12やビタミンCが含有されています。

ピニトールからはカイロイノシトールという物質が生成されます。

この物質は妊娠するために必要な物質であるとされているので、不妊治療を行っている方やなかなか赤ちゃんが授からないと思っている方には妊活効果も期待できるサプリメントです。

ピニトールが含まれているので、妊娠後は別の葉酸サプリメントに切り替えたほうが良いかもしれませんが、総合的にみてもおすすめのサプリメントと言えるでしょう。

妊活にも効果的なサプリメントです。

オススメ度 評価4

 

 

葉酸サプリを選ぶときのポイント

 

葉酸サプリを選ぶために最も重要なことは、「本当に安全なサプリメント」かどうかです。

 

しっかりとした管理体制で作られているのか、成分がしっかり表記され配合されているかなどをまずしっかり確認しましょう!

 

しかし、「どの会社もしっかりしてる!!」ということがほとんどだと思います。
このサイトだけでも11種類の葉酸サプリメントを紹介しています。

 

最後に一番大切になってくるのは、葉酸以外の葉酸サプリに含まれている成分です。

 

このサイトでは葉酸サプリに含まれている他の成分で注目の栄養素を紹介しています。

 

 

 

  • 妊活に最適なサプリメント
  • 冷え症の方に最適なサプリメント
  • 天然由来のこだわるなら最適なサプリメント

というように葉酸にプラスαで足りていない栄養素、自分がこだわっている部分に注目して葉酸サプリメントを選んで欲しいと思っています。

 


一番大切なのはわからないから摂らないではなく、葉酸サプリメントをしっかり摂取することです。

 

下記ポイントを踏まえた上で、プラスαでご自身にあった葉酸サプリを選ぶ手助けになればと思っています。

 

 

ポイント

 

電球

 

① 必要な葉酸を配合しているか。

厚生労働省が推奨している400μgの葉酸を配合しているかどうかはしっかり確認しておきたいところですね。

 

 

② 厚生労働省が推奨している体内に吸収されやすい「モノグルタミン酸型」であるか。

葉酸には2種類ありますが、モノグルタミン酸型はポリグルタミン酸型よりも体内に吸収されやすいです。なるべく体内に吸収されやすいほうを摂取したいですよね。

 

 

③ 添加物はどのくらいはいっているか。

無添加が絶対良いとは言いませんが、防腐剤や着色料などの健康を害する添加物が配合されているのは良くないです。しっかり添加物の内容を確認したいところです。

 

 

④ 安全安心の品質を保証する基準となるGMPに準拠した工場で生産されているか。

GMPに準拠した工場では、作成された製品が一定の品質を保っているかどうかが定期的にチェックされています。厚生労働省でもGMPを重要視しています。(http://www.jhnfa.org/kenshoku_gmp.pdf)

 

 

⑤ ビタミンB12が配合されているか。

ビタミンB12は葉酸が核酸を合成することを補助するのに必要なビタミンです。
それ以外にも葉酸と関係性が深いビタミンや成分が一緒に配合されているとより効果的です。

 

 

 

 

必要量の葉酸をサプリメントで摂ることは厚生労働省も推奨している!!

 

サプリと水

葉酸をサプリメントから摂取し、神経管損失症の発生リスクを低下させようとする動きは、厚生労働省からも正式に通知されています。(http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html)

 

元々、障害の発生率が低かった日本では、諸外国から比べると約10年以上も遅れての推奨となっています。

 

日本では推奨している程度ですが、欧米諸国では葉酸の摂取を義務としている国もあるくらいです。

 

 

 

 

赤ちゃんを授かってからが本当のスタートです。

 

妊婦さん

 

不妊治療を行っていると妊娠・出産することが目標となってしまいがちですが、
赤ちゃんを授かることはゴールではなくスタートです。

 

妊娠や出産することよりも、一人の人間を育てるほうが何十倍も何百倍も大変です。
妊娠・出産したあとで「知らなかった」では遅いのです。

 

しっかりとした知識を身につけて、できる限りリスクを減らしていきましょう。

 

健康な赤ちゃんを授かること、それは本当に奇跡的なことで感動的な瞬間です。
妊娠・出産を計画的に行い、よりよい幸せな人生をスタートさせましょう!!